<< 心が疲れて・・・ | main | 百ます計算 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

けんかのきもち

けんかのきもち
けんかのきもち
柴田 愛子, 伊藤 秀男

小学校の図書館で借りました。
ダイナミックな挿絵が実はちょっと苦手かも、と思ったのですが。

読んでみるとスバラシイ!
この絵本は凄い。

ちょうど、わが子のキモチにぴったりのようで
何度も何度も「読んで」とせがまれました。

けんかになってしまって、ごめんねといわれてもゆるせなくて。

そういうことって子供だけじゃなくて大人にもありますよね。
けんかのキモチが終わらない。
へそを曲げたら、元に戻るのにちょっと時間がかかる。
そんなわが子には自分の気持ちを理解してもらえたような気分になったのでしょうか。

「いい絵本だ、今度の読み聞かせで読んで!」と。

さいごに「つぎはきっとぼくがかつ」という子供のキモチもいいな。って
そう思いました。

負けたり勝ったり。
うまくいったり、いかなかったり。

次に勝つために、君は何をするのかな?
私は何をするんだろう。

子供の気持ちをそのまま、受け止めてあげたような、ふところのふか〜い
大きな「愛」を感じる絵本です。


特に、男の子のママにお勧めの絵本かも〜♪

私はこの作者のほかの絵本も読んでみたくなりました。
posted by: 曜子 | 「いのち」読み聞かせ絵本 | 09:16 | comments(2) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:16 | - | - |
コメント
 
2006/10/24 11:38 AM
Posted by: @みかづき
知りませんでした。
兄妹喧嘩ばかりしている!?うちの子達に読んであげたいわ(笑)
喧嘩しても、口先で「ごめんね」「いいよ」っていっても納得いかない許せないってこと絶対にあるよね。
子供のふてた様子が表紙の絵からすごく伝わってきました。
これから大きくなるにつれて友達関係は複雑になっていくと思うから・・
さっそく探してみますね。
2007/01/16 2:16 PM
Posted by: @みかづき
先日ようやく読めたので、私も記事にしました。
TBさせてくださいね。









トラックバック
 
http://ehondaisuki.jugem.jp/trackback/68
 
2007/01/16 2:14 PM
Posted by: みかづき かふぇ♪
けんかのきもち
けんかのきもち柴田 愛子 ポプラ社 2001-12売り上げランキング : 67508おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools 最近はTVでも新聞でも子供のいじめが大きく取り上げられているけど、子供の頃にたくさん遊んで喧嘩し