<< 魔女の宅急便 その5 (5) | main | くまの子ウーフ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

大どろぼうホッツェンプロッツ

評価:
オトフリート=プロイスラー,中村 浩三
¥ 945
(1990-05)
Amazonおすすめ度:
幼稚園の日曜学校で映画を観て、ハマリました
子供の頃に読みたかったな
本国ドイツでも『定番』児童本です
今日はとうとう終業式。
明日から夏休みですね、トホホホ・・・・

今年の夏休みは、ママとして何をしてあげようかなラブ、と思いまして。
「大どろぼうホッツェンプロッツ」を毎日1章ずつ読んであげることにしました。

ふたたびあらわる、や、みたびあらわる、まで読むかもしれません。

「この絵本はママが小学校の3年生のときに大好きだった絵本だよ」
と、見せると興味津々。

「字、ばっかりやな」

とも言っていましたが、ためしに第一章を読むと

「明日も楽しみ〜ラッキー」と言って寝ました。


漢字には振りがなが振ってありますし、これを機会に自分から読んでみようかなんて気持ちになってくれたら嬉しいです。

親子で同じお話を読むと言うのが夢でしたから
その夢がこの本でかなうと言うものです。

先日から、私もちょこっとピアノの練習るんるんを開始。
親子で連弾も夢じゃなくなってきました。

私も何十年ぶりにページをめくるのがわくわくします。
挿絵も素敵なんですよね。

子供と過ごす夏の夜を楽しみにしたいと思います月
posted by: 曜子 | 小学校低学年の児童書 | 12:28 | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:28 | - | - |
コメント
 
2007/07/24 9:11 AM
Posted by: @みかづき
お久しぶりです☆
私もこの本大好きだったよ!!
昨年息子に薦めたら、喜んで読んでました。で、3冊揃えましたよ。読んでワクワクする物語っていいよね。
息子は「ザワークラフト」が何か気になっていたみたい。あとコーヒー挽きに音楽が流れるのも??って反応でしたよ。
2007/08/03 9:43 PM
Posted by: 桐
初めまして☆
だいぶ前ですが2006年 6月10日のコメントをさせて頂きます☆彡

サンベリーナ……!!!! 私も大好きなんです!!!! 歌いいですよね♪♪ でもかなりのマイナーで なかなかファンがいないのが悲しい…!(;_;)

なんかかなり前のコメントですみません↓↓
2007/08/08 1:05 PM
Posted by: 曜子
>@みかづきさん
お久しぶりです、遅くなりまして。
読み継がれる物語って、いいですよね。
いつか孫に・・・?って思っちゃいました。

>桐さん
はじめまして。サンベリーナ、ホントにいいですよね。
私も大のお気に入りなんです。
久しぶりに今夜、観て見ようかな〜♪









トラックバック
 
http://ehondaisuki.jugem.jp/trackback/118
 
2007/09/28 10:04 AM
Posted by: みくのblog
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵
「生きて死ぬこと」とはどういうことか。生きている意味は何なのかをやさしい文章で語ってくれています。年老いたアナグマがみんなに伝え残していったいろんなことが、アナグマの死を悲しむ友達をその悲しみから救ってくれるというお話です。中でも一番仲の良かったモグ